レンタカーの給油には指定のガソリンスタンドを利用するべきか

今では、自家用車を持たずに遠出したい時など必要に応じてレンタカーを借りる人も多くなってきました。レンタカーなので好きな時に時間を指定すれば好きなだけ借りられるというメリットもありますが、自分の車ではないため扱い方にも注意しなければなりません。傷をつけたり、問題を起こさないように気を付けるのはもちろんのことですが、ガソリンスタンドで給油する時にも気を付けなければならないことがあります。格安のレンタカーであれば、ガソリンスタンド自体が営業所とセットになっている場合もあるのでそのガソリンスタンドで給油するように言われる場合があります。一般的なガソリンスタンドで給油できないと困る様に思いますが、コストがこれによってだいぶ抑えられるメリットがあります。遠出する時などは、出かける前に満タンに給油しておくといいです。

セルフスタンドでの給油の際に気を付けること

レンタカーでも指定給油所など特にない場合は一般的なガソリンスタンドに入って給油しても大丈夫です。ガソリンスタンドの中でもセルフのガソリンスタンドで気を付けることを紹介していきます。1つは給油口の位置です。メーカーによって給油口の位置が違い、この位置によって選ぶ油機も変わってくるので、給油前に事前に確認しておくとスムーズに給油することができます。レンタカーを返す時にはガソリンを満タンにしてから返さなければならない場合もあるので借りる際には、その点も確認しておくようにします。満タンにして返せない場合であれば走行距離に応じた燃料代が請求されることもあります。ガソリンを満タンにして返せるように営業所近くのガソリンスタンドを予め見つけておくと、時間に余裕を持って返せます。

手間をかけずにお得にレンタカーを借りる方法

先にも記述したように、レンタカーのお店によっては指定のガソリンスタンドではなくても給油できます。しかし、指定のガソリンスタンドがありそこで給油した方がお得な場合もあります。ネットで予約してレンタカーを借りられたりもするので、その際にいろいろなレンタカーの店舗を探して一番コストを抑えて借りられそうなところを探してみることがおすすめです。走行距離が指定の距離以下であればガソリン代が不要であったり、割引制度があったりするところもあります。また、それ以外でも乗り捨てができたり、ベビーシートやチャイルドシートが付けられたりするオプションがあったりするので必要に応じてつけることもできます。このようなサービスもうれしいですが、何より一番大事なのは、ガソリンが減った時でも慌てないように、レンタカーを借りるお店から出先までにあるガソリンスタンドの場所を知っておくことです。