ガソリンスタンドでレンタカー給油をしたらレシートをもらおう

普段は自家用車に乗っていても何らかのきっかけでレンタカーのお世話にならなければならないこともあります。通常よく利用する方であれば色々な手順などを理解していると思いますが、あまり使ったことがない場合に勝手が解らない場合もあります。そこで気になるのがレンタカーを使用した時、ガソリンはどうするのかという疑問です。返却する際には必ずガソリンを満タンに入れてから返却しなければなりません。レンタカーでガソリンスタンドへ行き、セルフでも店員さんに入れてもらうでも、それはどちらのタイプの店舗でもかまわないので自分の行きつけの場所や、レンタカー店の近くなどで利用し、スタンドへ入る時の注意点やガソリンの給油をした際には必ずレシートを忘れないように貰っておくことが大事なのでそのことについて記しておこうと思います。

レンタカーでガソリンスタンドに入る際の注意点

レンタカーというのは普段から自分が使っている車と同じ車種が借りられたのならそこまで使い勝手を気にすることはないと思いますが、普段から自分が乗っているものとは違う車種の車をレンタルすることになってしまったら、やはり慣れないということから色々とぎこちない使い方になってしまうでしょう。車を走らせれば減るのはガソリンです。もしあまりガソリンが減っていない状態であっても車の返却時にはガソリンを満タンにして返却しなければならないのでガソリンスタンドには必ず立ち寄ることになります。その際にはその車の給油口がどちら側についているのかは確認しておけばスムーズに給油スペースに車を入れることができるので、人が多くて混雑している時にも動かしなおしが発生せずに迷惑を掛けずに済むようになります。

レンタカーに給油をしたら必ずレシートを貰おう

自家用はガソリンスタンドで給油してもレシートのことまでは気にしていないかもしれませんが、レンタカーだった場合には話が別です。必ず給油した際のレシートはもらっておくようにしましょう。どうしてレシートが必要になるかというと、レンタカーを利用した場合にはその走行距離をチェックします。ガソリンは満タンで返却することになっていますが、走行距離とガソリンの給油量が大体あっているかがそのレシートがあれば概ねチェックすることができるからです。今の車はエコを意識した燃費の良い車が主流となっているので、明らかに走行距離と給油量がおかしいということであればレンタカー会社へ相談することも可能になります。たとえば自分の走行距離以上にガソリンを入れているという場合は元々入っていたガソリンが少なかったというケースも考えられるため、レシートは必ずもらっておきましょう。