ガソリンスタンドでレンタカーのガソリンを補給する必要はあるのか

車を持っていない人でも、たまに車が必要になる事もあります。引っ越しだったり、お出かけだったり、理由は様々でしょう。車を持っていても、出張先や旅行先で必要になるかもしれません。そんな時に便利なのが、レンタカーです。駅の近くに店舗が多く、車種も様々あるので必要なクラスの車が借りられます。通常は自動車販売店などが展開している店舗で借りたり、レンタル専門の店舗で借りたりしますが、最近ではガソリンスタンドや整備工場などが車を貸し出すサービスを兼業しています。後者の方がレンタル料も安かったりしますが、オプションが高かったり走行距離の長い車だったりします。どちらを選択するかは、車を使う時間やそこが知っている土地なのか知らないのかに左右されるでしょう。さて、借りた車を返す時、気になるのはガソリンをどうするのかという事です。

そもそもレンタカーガソリンスタンドでの満タン返しは必要なのか

レンタカーを借りた時に、返却時どうするかが決まっていて話を聞いているのなら問題ないのですが、何も聞いていない場合、満タン返しにしなくてはいけないのか、迷ってしまうでしょう。以前ならば満タン返しが当たり前でしたが、最近はそうでもないようです。ならば乗り放題かと言うと、そういう事ではありません。乗った分のガソリンはきちんと清算しなくてはなりません。営業所がガソリンスタンドのレンタカーを借りたならば、その場で清算が可能です。そうでない場合はどうやって代金を計算するのかというと、走行距離と燃費から割り出します。その時請求されるガソリン代の単価は、もしかしたら近くのガソリンスタンドよりも少し高めに設定されているかもしれません。どうせ払わなくてはならないものなので、自分でガソリンスタンドに寄った方がいい可能性もあります。

レンタカーでガソリンスタンドに入る時に気をつける事

では、レンタカーでガソリンスタンドに入る時に気をつけなければならない点はあるのでしょうか。まず、油種が何かを知っておくことです。特別言われない限りレギュラーですが、給油キャップの所に油種が書いてある場合もあります。事前に確認しておきましょう。そして給油口が左右のどちらにあるのかも確認しておきましょう。セルフ式のスタンドに入るのならば、余計に確認した方がいいでしょう。最近では逆の給油口にも届くようになっていますが、少し手間です。あとは、セルフ式では吹きこぼれにも注意しましょう。セルフ式でない場合は、何も言わないとギリギリまで補充されてしまいます。そうなると、少し余分に代金を支払わなければならない状態に陥ります。いずれにしても、損をしないようにするには借りた時に確認するのが一番でしょう。確認し忘れた場合は、注意して給油しましょう。