レンタカーでガソリンスタンドを利用するときの注意点

旅先で観光スポットを巡る際の交通手段として、レンタカーの利用はとても利便性が高く、経済的にもお得な場合があります。一般的には、使用が終わり、ガソリンスタンドに寄って、必ずガソリンを満タン給油した後、返却となります。但し、セルフのガソリンスタンドで給油する時は、十分に注意すべき点があります。まず、念のためにガソリンの種類を確認しましょう。普段、自家用車ではハイオクを使用している人が、レンタカーがレギュラーなのに間違ってハイオクを給油するケースがあります。この事によって発生したエンジン故障は、借り主に対して修繕等の費用が全額請求されます。フルサービスのスタンドでは、このような間違いは起こり難いと思いますが、最近、セルフスタンドが増え、油種間違いによるトラブルが多くなっているようです。

海外でレンタカーにガソリンスタンドで給油する時の注意点

人気リゾート地のハワイでも、観光スポットを訪ねる場合、現地のレンタカーを利用するととても便利です。その際、日本と同様、レンタカー返却時にはガソリンスタンドで、満タン給油しなければなりません。但し、日本のインフラ環境と異なり、ガソリンスタンドが数多く立地していないのが現状です。返却の間際に、タイミング良くスタンドが見つかる等と楽観的に考えているとトラブルに発展する可能性があります。事前にガソリンスタンドの所在を確認しておく又は、カーナビやスマートフォンの地図アプリ等を上手に活用することをおすすめします。スタンドで給油する際は、ほぼ日本と同じです。セルフ方式ですから自分でキャッシュまたはクレジットカードで支払いを済ませ、給油開始の運びとなります。もし、手続き等で不具合が発生しても慌てず、簡単な英語で十分ですから、必ずスタンドスタッフに問合せることが望ましいです。

ガソリンスタンドでレンタカーに給油した後のトラブル防止策

ビジネスや旅行などで使用したレンタカーを返却する際、必ずガソリンスタンドに立寄り、満タン給油します。最近の自動車は、ハイブリッド車や低燃費のコンパクトカーが主流となり、レンタカーでも同様車種の使用が多いようです。満タン給油時に注意すべき点は、走行距離に対して給油量が適正なのか確認する必要があります。燃費がリッター20㎞以上の車種なのに、異常に給油量が多くなっていることが稀にあります。この原因は、レンタカー貸し出し時に、満タンになっていなかったと思われます。また、エンジン系統に異常があると推察できます。このような場合は、店舗スタッフにその旨を説明すると、適正な走行状態を想定し算出された給油量との差を返金とてくれる場合がありますので、おかしいのではと感じたら早めに申入れることが大切です。

カースタレンタカーの会員制度は、ご利用回数に応じて会員ランクもアップいたします。 カースタレンタカーは様々な会員特典があります! 無料の会員登録をすれば、通常価格より5%~最大15%OFFになります。 お客様の“もっといいお出かけ”をサポートします! 満足いただけるような、充実した会員サービスをご用意。 SUV・RV12時間まで7,000円、24時間まで9,000円 ガソリンスタンドでレンタカーを借りるならカースタレンタカーがおすすめ